芸能人も通う人気の美容室はフローバンスヘアサロン

賃貸住宅を利用賃貸住宅を利用している時には、色々なトラブルが起きる可能性があります。もちろん何ごともなく生活できるのが当たり前のことなのですが、そうやって油断している時にトラブルが起きてしまい、大変な目にあってしまうこともあるのです。ここではそんな中でも気をつけてほしい退去時のトラブルについてまとめていきます。


賃貸住宅から退去した後で、他の人へ貸す前の準備としてハウスクリーニングが行われます。これは壁紙などに汚れがあった場合や、何らかの傷ができてしまった場合に、元通りにするために行われるものです。しかしここで問題なのは、ハウスクリーニング費用は借り主負担であると言われることです。実はこの約束事は、法律で定められているわけではありません。よほど酷い状態になっているならともかく、プロの業者を使ってのハウスクリーニングまで借り主が負担する必要はないのです。

賃貸入居時に支払った敷金は、退去時に返還されるものです。しかし退去してから、部屋の状態を元に戻すためにすべて使ったので返還できないと言われることがあります。もしかしたらこの時に、ごまかされている可能性があります。そこまでお金がかかるようなことになるはずがないと思うなら、どこにどれだけの金額がかかったのかを明確にした精算書を送ってもらうようにしてください。


ハウスクリーニングと敷金の問題は、賃貸退去時には定番のトラブルです。自分で納得できるならともかく、どうしても納得できない場合は少額訴訟を提起する必要もあります。そうならないためにも、日頃から部屋を汚さない生活を心がけましょう。あくまでも借り主は、部屋を借りている立場なのです。