住宅ローンの金利

ホームへ戻る >  賃貸の釣り物件に注意  > 住宅ローンの金利

住宅ローンの金利一戸建てのマイホーム購入は、人生の中でそう頻繁にあるイベントではありません。一戸建て購入のための住宅ローンを組む場合でも、ローンの期間は35年ローンだったりして気が遠くなるほど長いのが一般的ですよね。ローンの返済を始めてから完済するまでの期間が長いローンでは、変動金利にするか、固定金利にするかによって将来の返済に大きな影響が出てきます。


固定金利とは、ローンを組む時に設定した金利がずっとそのままローン完済まで変わらないという金利です。国の金利政策によっては変動金利の方がお得になる時期も出てきたりしますが、ローン契約時の金利がそれほど悪くない場合には、固定金利を選択したほうが賢い事が多いようです。

変動金利とは、短期プライムレートによって少しずつ変動するタイプの金利です。しかし、毎日少しずつ変動している金利に合わせて、住宅ローンの金利も毎日変わるというわけではありません。住宅ローンの場合には一般的に、毎年2回ぐらい金利の見直しが行なわれて、その時の金利に合わせて上がったり下がったりします。


金利が上がるとどうしても返済額も高くなってしまいます。そこで、住宅ローンで変動金利を選択した場合には、最初の5年間は金利の変動に関わらず返済額は変わらないように設定される事が多いようです。


固定金利がお得か変動金利がお得かは、一戸建てを購入して住宅ローンを組むときの金利によって変わってきます。自分なりにリサーチしたり、銀行などの金融機関に相談してみると良いでしょう。