一戸建て購入で知っておきたい法律

ホームへ戻る >  賃貸の釣り物件に注意  > 一戸建て購入で知っておきたい法律

一戸建てという不動産を所有する際には、いろいろな法律によって資産が保護されていたり、規制が掛けられていたりします。法律や税金の手続きは全て専門家に任せているという人でも、最低限の法律は知っておいたほうが何かと便利。こうした法律では、土地や建物などの取引に関する規制や手数料の上限などが決められていたりするので、軽くかじっておくだけでも不法な手数料を掛けられても気づかないなんて悲劇を防ぐ事が出来ますよね。


一戸建てに関する法律には主に3つに分類する事が出来ます。

・土地や建物の取引に関する法律

不動産登記法は、購入した一戸建てが法的に自分が所有する不動産である事を照明するための登記です。仲介業者が間に入って一戸建てを購入する場合には、宅地建物取引業法によって不当な手数料が禁止されていたり、契約可能な物件の条件などが決められています。


・土地や建物を作る際に関わる法律

都市計画法によってその土地や建物の用途があらかじめ決められています。新興住宅地に一戸建てを購入する場合には、周辺の土地用途もチェックしておくと良いでしょう。


・住人の権利と義務に関する法律

民法では、不動産の売買契約や請負契約などについてのルールが細かく記載されています。全てを把握する必要はありませんが、直接関係する部分や気になる部分を中心に少しずつ知識を増やしていくと良いですね。また、新築から10年間は建築会社が破産しても住宅の保証は続行できることも、法律によって保護されています。