矯正歯科方法―コンビネーション―

ホームへ戻る >  格安で一戸建てを購入する方法  > 矯正歯科方法―コンビネーション―

矯正歯科でコンビネーションは、インプラント矯正を併用する、外科手術を併用する、という治療方法を言うこともあります。ここで紹介するコンビネーションとは、ワイヤー矯正と舌側矯正を併用した治療方法です。


矯正歯科の治療方法に求めることは、値段となるべく目立たない方法、という人は少なくありません。コンビネーションは、ワイヤー矯正と舌側矯正の長所と短所をうまく利用した矯正歯科方法です。

コンビネーションの治療方法は、患者さんの歯並びの状態等で様々なパターンを考えます。困難な治療を必要としない場合は、上の前歯を舌側矯正にし、下の歯を含める他の歯にはワイヤー矯正を施すパターンがあります。これは、歯科矯正の治療中に一番目立つ箇所が上の前歯になる為です。他にも、装置の装着時の違和感を重視した場合は、上の歯をワイヤー矯正にし、下の歯は舌側矯正にするパターンもあります。舌側矯正は、装置の装着時に話し辛くなる、というデメリットがありますが、舌側矯正を選んだ多くの患者さんは、下の歯の装置には慣れるのが早いが、上の歯の装置には慣れにくい、というデータがあるからです。他にも、色々なパターンがあるので、どのように装置を装着するかを、自分の希望と歯科医の意見とをよく考え、相談して決めることが可能です。


コンビネーションは、ワイヤー矯正の値段よりは割高になりますが、舌側矯正よりは割安になることが多いです。なるべく目立たない方法で値段も抑えたい、という人には魅力的な矯正歯科方法です。コンビネーションを選択した場合は、ワイヤー矯正と舌側矯正のデメリットも忘れてはいけません。特に虫歯には注意を払わなくてはいけません。