矯正歯科方法―舌側矯正―

ホームへ戻る > 矯正歯科方法―舌側矯正―

矯正歯科のカウンセリングを受けよう
矯正歯科の情報を探してみよう
永久歯にかわってからの矯正歯科
歯列矯正が必要になる歯並びの原因とは
歯列矯正を考える前にすること

舌側矯正は、“リンガル矯正”や“裏側矯正”とも呼ばれている矯正歯科方法です。舌側矯正は、言葉の通り、装置を歯の裏側に装着します。その為、見た目では矯正していることが目立たない、分かりづらい矯正歯科方法です。治療の流れは、スタンダードなワイヤー矯正と変わりはありません。


舌側矯正のメリットは、上記の通り、目立たないという点です。デメリットは、ワイヤー矯正よりも値段が高く、治療期間も長くなる、歯並びの状態が悪いと治療が困難、装置を装着し始めには話し辛い、虫歯になる確率が高い、という点です。歯科医の腕によっては、目標としていた歯並びにならない可能性もあります。ワイヤー矯正同様、装置の取り外しが出来ません。その上、歯の裏側に装置を装着します。その為、ワイヤー矯正よりも虫歯になる確率は高くなります。舌側矯正の値段は、ワイヤー矯正の2倍弱割高になり、100万~150万円程かかります。

矯正歯科を目立たない方法、かつ割安に治療したい人には、魅力に感じる治療方法の一つです。しかし、歯並びが悪過ぎると、治療が困難になる為、どんな症状にも対応できる治療方法ではありません。矯正歯科の値段は、どの治療方法を選んでも安いとは言えません。舌側矯正を希望しても、歯科医が治療は困難になる、と判断した場合は、諦めた方が良いです。無理に押し進めて治療したが、満足のいく結果を得ることが出来なかった場合、高い治療費が無駄になってしまいます。矯正歯科の値段ばかりに目を向けるのではなく、治療後の仕上がりも考えた上で治療方法を選択することが大切です。