永久歯にかわってからの矯正歯科

ホームへ戻る >  矯正歯科方法―舌側矯正―  > 永久歯にかわってからの矯正歯科

「永久歯にすべて生え変わってしまってからでは、矯正歯科に行くのは遅い」とはよく言われることです。子供の矯正は、まだ永久歯にすべて生え変わっていない、あごの成長段階の時期に行うのが適していると言われるためです。従って、すべての歯が永久歯にかわってしまってからでは、手遅れであるということになります。

結論を言うと、そのようなことはありません。いつの時期でも、矯正歯科で歯並びを矯正することはできます。永久歯にすべて生え変わった状態の時でも、大人になってからでも行えます。しかし、成長発育しきっていない状態で矯正歯科で治療したほうが、大人の歯への生え変わりを利用しながら、あごの骨格バランスを整えることができます。また、歯がでこぼこにならないように、ひつような隙間をつくっておくことができます。成長が終わってしまうと、そうした骨格からの改善は難しくなります。永久歯にすべて生え変わってしまってから矯正する場合、歯のでこぼこを治すには歯の移動のみで対応するのは難しくなります。そのため、健康な歯を抜歯して、隙間をつくることになります。たとえ歯並びを正しくするためとはいえ、健康な歯を抜くというのは抵抗があるものです。そのため、あごが成長しきっていない段階で矯正をするメリットが大きいのです。この時期に矯正歯科でしっかりと治療を行っておけば、歯を抜く必要がなく、負担も少なく、きれいな歯並びにすることができます。