歯列矯正が必要になる歯並びの原因とは

ホームへ戻る >  矯正歯科方法―舌側矯正―  > 歯列矯正が必要になる歯並びの原因とは

人間は成長するにしたがって身体の形を作り上げていきますが、歯並びも同じようにして形作られていきます。歯並びは力を加えることで徐々に形を整えることができるので、それを利用して歯列矯正が行えます。しかし逆を言えば、子供の頃から正しくない方向に力が加えられたことで、歯並びが悪くなってしまうとも考えることができるのです。


たとえば、頬杖をつくのが癖だったという人は、交差咬合になりやすいと考えることができます。あるいは片側の歯だけを使って食べ物を噛んでいたり、柔らかいものばかりを食べていると噛み合わせが悪くなったりといったことが考えられるのです。歯列矯正をすれば直すことができるとはいえ、こういったことは子供の頃から意識しておけば予防できることなのです。

顔の形などは遺伝もあるのではと考えてしまいがちですが、出っ歯などの症状も、実際は癖や普段の習慣によって生じていることが多いのです。小さな頃に指しゃぶりの癖があり、それがなかなか治らないといった子供は、前歯に力が加わってしまうことで出っ歯になりやすいと言われています。また、鼻呼吸が上手くできない子供も、口や唇の筋肉が十分に成長できなくて、歯が前に出てきてしまうといった原因になると考えられています。


歯列矯正は、治療であって当然費用もかかりますし、矯正中は治療器具を取り付けていなければいけないといった不便もあります。ある程度原因がわかっているものは、意識して予防ができるということも知っておきましょう。