矯正歯科で抜歯した歯を冷凍保存

ホームへ戻る >  インプラントと医療費控除  > 矯正歯科で抜歯した歯を冷凍保存

矯正歯科で歯並びをキレイにする治療を行う際、抜歯が必要なことが多いです。日本人を含むモンゴロイドは、あごに対して歯が大きい人が多いです。そのため、歯を移動させたり、歯列を拡大して抜かずに矯正治療を行おうとしても、限界があり、抜歯という選択肢が最適と判断される場合が多いです。矯正歯科で矯正を受ける人の半数が、抜歯をしているというのが現状です。この、抜いてしまった歯は、虫歯でも傷があるわけでもない健康な歯です。この歯を冷凍保存してくれる場所があります。

抜歯した歯を冷凍保存しておくと、矯正歯科で治療を受けてから、虫歯で歯を抜いてしまったり、事故にあったりして歯を失った場合に、その歯を使って再生させられるというメリットがあります。歯の再生には、人工の歯を使うのが一般的ですが、冷凍保存した歯があれば、自分の歯を移植し、再生させられます。これを自家歯芽移植と言います。矯正治療で、でこぼこした歯並びを平らにするため、スペースを作るために抜歯した場合以外に、親知らずを抜いて、それを冷凍保存しておくこともできます。どのような理由であっても、歯を抜いてしまうとなると、勇気がいるものですが、冷凍保存しておいて将来のためにとっておくと考えれば抵抗は少なくなります。現代の技術があってこそ実現した夢のような技術です。健康な歯を捨ててしまうのはもったいないと考えるのなら、歯を抜く前に、冷凍保存についても考えてみるといいでしょう。