BBクリームの歴史

ホームへ戻る >  インプラントと医療費控除  > BBクリームの歴史

BBクリームはここ数年で韓国から日本へ渡り大ヒットしています。輸入していたこともありましたが、最近では日本の化粧品メーカーが日本人の肌に合うものを開発して販売してくれているのが特徴ですが、そんなBBクリームの歴史を振り返ってみましょう。まず最初にBBクリームが登場したのは今から30年以上も前の話でした。1980年代に韓国で初めて紹介されたのが最初です。現在30種類以上の製品が開発販売されています皮膚の沈静、アンチエイジング、美白や紫外線カットなど様々な特徴のあるものが販売されており、今は、スキンケアとメークアップの境界にある、マルチ化粧品という存在です。

最初に韓国で紹介されたのが1980年代で、もともとはドイツの看護士が、ブラミッシュバームを持ってきて、皮膚科で使っていたことがきっかけでした。最初は化粧品というよりは、薬品という扱いや認識を受けていて皮膚科をはじめとする病院で使用されていました。その後1990年代には、エステサロンが韓国で爆発的にヒットしたことをきっかけにして一部のエステサロンでも使われるようになりました。


そして2000年に入ってから韓国女優がこぞって使い始めたことから韓国で大ブームとなり、ちょうど韓国ドラマブームが日本でも沸き起こっていたさなかでしたから、すぐに日本へも渡ってきて日本でもBBクリームが大ヒットしたのです。これが最初にクリームが登場したことから今日に至るまでの歴史です。この30年の間に、一般の人が利用するまでに発展したのです。