ウェディングドレスの色と生地

ホームへ戻る >  インプラントと医療費控除  > ウェディングドレスの色と生地

ウェディングドレスは、白という定義がいつの間にか定着しています。清いイメージをもつ花嫁を表す色として古くから宗教儀式においても白が用いられています。ウェディングドレスは純白だけではなく、オフホワイトや明るいアイボリーなども用いられています。このほとんどは、シルクなどの天然素材の持つ白色で、多少きなりがかっていることがあるためです。ウェディングドレスは、光沢のある生地で作られています。先述のシルクサテンの他、アセテートサテンのような化繊織物などが主に使われています。このほか、チュールレースやリバーレース、シフォンなど、様々な生地や副資材を使用しています。

ドレスの中で一番格上なのは、シルクを用いたものです。光沢感や生地の重厚感は一目でわかります。ドレスの価格は使用する生地やその用尺、副資材の量によっても左右されます。もちろん、シルクを用いたウェディングドレスは高価になりますし、化繊を中心に使ったものは、その半額程度で購入することができます。


中には「ピンク色のウェディングドレスが着たい」という方もいらっしゃるようです。確かにカラードレスを挙式のシーンで着用される方もいらっしゃいますが、神前式など宗教色が濃い厳かな場面でカラードレスはNGと取られることもあります。プランナーと相談しながらTPOにしっくりくるドレス選びをしたいものです。お色直しの場面で着用したり、フォトウェディングで残しておかれるとよいでしょう。